付き合う前に感じた違和感はほぼ消えないと思った方がいい

婚活の悩み

『最近出会った男性と何回かデートをして良い感じの雰囲気だけど、一緒に居て何だか違和感がある・・・でもまぁこの違和感も付き合っていくうちにきっと消えるよね!』

そう思ってその人と付き合おうとしているなら、ちょっと待ってください!
私の経験上、その違和感はほぼ消えることはありません。

私だけかなと思ってyahoo知恵袋で調べてみましたが、違和感は消えないという回答が多かったのでやっぱり違和感が消えることはレアだと思います。

でも、全く違和感がないというのも珍しいと思っていて、完全に彼のすべてが大好きってくらい大好きじゃないと気になることはあるのが当たり前だと思うんですよね。

問題はその違和感を許容できるかどうか。

私はこれまで10人くらいとお付き合いしてきましたが、3ヶ月とか半年で別れてしまうことが多くて、その理由が『付き合う前の違和感が消えなくてやっぱり無理』となってしまったからなんですよね。。

その時は若かったから許容範囲が狭すぎて、今考えるとそのくらいの違和感なら気にしなければ良かったなと思うことが多いです。

そこで今回は、今だからわかる「この違和感は許容するべきだった」と思うことと、「この違和感は別れて正解だった」と思うことを書いていきたいと思います。

今良い感じの人に違和感を感じていて、付き合うか迷っている方は参考になると思いますのでぜひ最後まで読んでいってください!

許容したほうがいい違和感

まずは許容したほうがよかったと思う違和感についてです。

①服装、髪型

私は20代前半くらいまで服装や髪型が気になって付き合わなかったり、付き合っても別れたりしてしまってました。

今考えるともったいない!

だって服装とか髪型っていつでも変えられるし。

本人の強いこだわりがあって変えられない場合もありますが、それでもあまりにも変じゃなかったら気にしないほうがいいと思います。

結婚して何年も一緒にいたら自然とそんなこと気にならなくなってくるし、その人の人間性を好きになれば服装や髪型なんて小さい問題です!

②顔

相手の顔に関しては、生理的に無理とかそういうレベルじゃない限り一旦気にせず付き合ってしまっても良いと思います。

性格が好き、尊敬できる、一緒にいて楽しいとか、そういうところで惹かれているけど、顔が好きになれないという理由で付き合わないのはもったいないです。

婚活ならなおさらです。結婚相手に顔の好みは求めない方がいいです!

そもそも世の中見渡しても自分好みの顔の男性なんて滅多にいないですよね?

なので、顔にこだわっていたら結婚が遠のくし、顔がタイプの人と付き合えたとしても中身が合わなければ結婚生活は長続きしません。

顔がタイプで中身も合う人と出会えて付き合える確率は限りなく低いので、現実を受け入れましょう。

私も今の夫は最初全然顔がタイプじゃないと思ってましたが、付き合って一緒に住んで毎日顔を合わせるうちに不思議と顔も好きになっていました。

なので、中身が好きだったら顔なんて気にしなくていいと思います。

③毛深さ

毛深い人、若い頃はすごく気になってしまいました。
ヒゲとかスネ毛とか胸毛とか、濃いとすごく違和感を感じてしまい付き合えなかったんです。

今考えるとそんなこと気にしてる場合じゃないだろ!って突っ込みたくなりますが。

友達にも「体毛が濃い人は無理」っていう人が割といるので、意外と気になってしまう人が多いのではないでしょうか。

でも、そんなの脱毛すればいい話なので気にするのはやめましょう。

④背の高さ

これも割とこだわりのある方が多いのではないでしょうか。

性格も合うし、一緒にいて楽しいけど、背が低いんだよなぁ。
背が低いと、男って感じがしなくてドキドキしない、などなど。

昔の私もそうでした。中学の時の初恋の相手が背が高いスポーツマンだったせいなのか、背の高さにこだわりすぎていました。

できれば180cm欲しい!みたいな。

でも日本人男性の平均身長170cmくらいなので身長を条件にしちゃうと一気に範囲が狭まってしまいます。

結婚してうまくいくのかどうかに、身長は関係ないですよね。

ということで、身長を気にするのはやめましょう。

⑤刺激のなさ

「この人と一緒にいると安心感はあるけど、全くドキドキしないんだよなぁ。ということは恋愛の好きとは違うのかな」という違和感に関しても気にしない方がいいですね。

これまで一度でもドキドキする恋愛をしたことがあるなら、その時のドキドキが忘れられなくて、またそのレベルの感情を求めてしまいがちです。

でも、そんなドキドキする恋愛は珍しいです。

若い頃ならわかるけど、歳を取るにつれてそういう感情は大抵薄れていきます。

結婚を前提としているならドキドキするよりも、中身が合うかどうかのほうが何倍も大切です。

昔の恋愛のドキドキ感はもう良い思い出にして、大人の恋愛はドキドキしなくてもいいんだ、と割り切ってみましょう!

許容しないほうがいい違和感

続いて、この違和感を感じたら付き合わない方がいいかも!という項目を説明します。

①言動

相手の言動に違和感を感じたら、程度や内容によりますが、一旦考え直した方がいいかもしれません。

例えば、「シネ」「クソがぁ」「クズ」などといった汚い言葉を使う、とにかく愚痴が多い、運転すると気性が荒くなる、キレやすい、束縛が強い、常に上から目線、などなど。

そういった言動が気になったら、注意です。

最初は少しの違和感でもだんだんエスカレートする恐れがあるし、最初は自分には向いてなかった攻撃性がいつか自分に向いてしまうかもしれません。

言動に対する違和感は無視してはダメです!

②他の人への態度

自分には優しいんだけど、家族に冷たいとか、店員さんへの態度が威圧的、など他の人への態度が悪いなぁという違和感も無視してはいけません。

今はあなたのことが好きだから優しくしているけど、結婚して慣れてきたら態度が急変する恐れがあります。

他の人に酷い態度を取る人は、相手を思いやる気持ちが少ない人だと思うので。

思いやりがあれば、「これを言ったら相手が傷つくかもしれない」という考え方ができるので、誰に対しても理不尽な言動や態度は取らないと思います。

少しでも、「この人理不尽なこと言ってるなぁ」とか「威圧的な態度だなぁ」と感じたら考え直しましょう。

③価値観

価値観の違いで違和感を覚えている場合も無視してはいけません!
お付き合いを長続きさせる上で非常に重要です。

もちろん完全に価値観同じ人なんて居ませんが、ある程度価値観が近くないと結婚生活に無理が出てきます。

例えば、食に対する意識の違いとか、金銭感覚の違いとか、そういう価値観が離れていると正直厳しいです。

特にお金の使い方に対する違和感は危険です。

パチンコで一気に数万円使うのが当たり前になっているとか、欲しいものはすぐ買ってリボ払いにしているとか、ゲームに課金しまくっているとか。。逆に、めちゃくちゃケチとか。

価値観合わない気がするけど、見た目タイプだし、高収入だし付き合おうかな、なんて思っているならやめておいた方がいいと思います!

あと、「付き合ってから変わってもらえばいい」と思っていても、人は簡単には変わらないので期待しないほうがいいです。

付き合う前に感じた価値観の違いは大体なくなることはありません。

④一緒にいて楽しくない

婚活でよくあるのが、「普通に良い人だと思うけど、一緒にいて楽しくない。。」という状態です。

条件が良いので、客観的に考えてこの人と結婚した方がいいと頭では思っていても、いざデートとなると気分が乗らないし、会いたいと思わない。

会ってる時も楽しいと感じられない。合わせている感覚が強い。

そういう違和感を感じたら付き合ってもうまくいかないことが多いです。

『一緒にいて楽しい、心地いい』という感覚は結婚する上で重要だと思います。

何せ結婚したら毎日顔を合わせることになるので、一緒にいて楽しくない居心地が悪い人と結婚しても無理が出てきます。

条件で選ぶのではなくて、フィーリングが合う人を選んだほうが長続きするので自分の感覚に正直になりましょう。

まとめ

今回は『付き合う前の違和感』の正体について書きました。
ここまでで自分に当てはまる項目はあったでしょうか?

まとめると、

『外見やドキドキできないといった表面上の違和感なら許容したほうがいい』
『言動や価値観の違いなど内面的な違和感を感じたらやめておいたほうがいい』

となりますね。

過去の自分を振り返ると、表面上の違和感を感じている時って無意識にその人と他の誰かを比べてしまっていることが多かったです。

私の場合、過去にすごく好きになった彼氏が居たので、その人と別れた後しばらくは出会う男性をその人と比べて、「なんか違う気がする」となってしまっていました。

なので、今感じている違和感の正体は一体何なのか!?について一回自分の中で会議してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました