『自分が本当に結婚したいのかわからない!』そう思う理由と対処法

婚活の悩み

結婚適齢期になると、そろそろ結婚しないとやばいという危機感から、とりあえず婚活を始めることが多いと思いますが、ふとした時に「あれ?私って本当に結婚したいのかな?」って思うことありませんか?

なかなか相手のことを好きになれなかったり、付き合ってもうまくいかなかったり。

そんなことが続くと結婚すること自体に疑問がわいてきますよね。

今回は、もはや自分でも「自分が結婚したいのかわからない!」となってしまった時の対処法について書いていきたいと思います。

「結婚したいのかわからない!」その心理とは?

自分が結婚したいのかわからない!と思ってしまうのにはどのような理由があるのでしょうか。
考えられるパターンについて解説します。

結婚したいと思う人と出会える気がしない

好きな人が居れば、「結婚したい!」という気持ちは自然と生まれると思います。

ですが、好きな人が長らく居なくて普段の生活で出会いもないと、「結婚したいと思う人と出会える気がしない…」と思い始めますよね。

そして婚活をすると尚更その気持ちが大きくなったりします。

婚活している男性は女慣れしていない人が多いので、初めは「なんか違うなー…」と思ってしまうんですよね。。

出会いの数は増えるけど全然いいと思う人がいなくて、「こんなに出会いがあるのに好きな人ができないなんて、私は結婚に向いてないのかも…」と不安になってしまいます。

イケメンがいいとか、リードしてもらいたいとか、そういう理想があるほど現実とのギャップに勝手にガッカリしてしまって、こんな感じなら結婚しない方がいいんじゃないか?という考えが頭をよぎります。

結婚にマイナスのイメージを持っている

周りの影響などで、結婚に対して良いイメージがないため「自分は結婚しなくてもいいかも…」と思っているパターンです。

両親が不仲だったり、周りの結婚している友達がいつもグチばかりだったり、夫がギャンブルにハマってるとか、怒鳴られるとか、、

そういうのを見たり聞いたりしていると、結婚ってリスク高くない!?と思ってしまいますよね。

実際、結婚して不幸になってしまう場合もあります。

もちろん結婚して幸せになる人も沢山いるので、それは人それぞれなんですよね。

でも周りに結婚を後悔している人が多いと、「結婚する意味あるのかな」と思ってしまいがちです。

結婚した後のことを深く考えすぎている

結婚したら離婚しない限りは何十年も一緒にいることになります。

結婚後、
「もし相手が豹変したらどうしよう」
「価値観の違いで一緒にいるのが辛くなったらどうしよう」
「義実家とうまくやっていけるかな?」
「相手の親と同居する事になったらどうしよう」
「介護問題は?」
などなど…

結婚した後の不安について考え始めるとキリがありません。

本気で好きな人が居ればそんな不安は吹っ飛んでしまいますが、そこまで熱愛ではない場合、「結婚したら後悔するんじゃないか」という悩みが発生しやすいと思います。

そういう不安を抱えていると、「あれ?もしかして結婚しなくてもいいんじゃないか?」という気持ちが大きくなってきます。

自分で稼いでいるので結婚の必要性を感じない

経済的な不安がある人は「将来不安だから結婚したい!」という気持ちを抱きやすいと思います。

逆に、今自分で好きな仕事をやってバリバリ稼いでいる人は経済的な不安がないので「結婚しなくてもやっていけるし、しなくていいかも!」という余裕が生まれます。

そういう人は、結婚しなくても楽しくやっていける人が多いと思います。

仕事への影響が心配

結婚して子供ができると、産休や育休をとる事になるので、仕事への影響が心配な方もいると思います。

今の仕事をバリバリやって充実している人は、結婚する事で自分のキャリアがストップしてしまうのではないかという不安から「仕事に影響出るなら結婚しなくてもいいかも…」と考えてしまうこともあるでしょう。

子供を作らない予定なら結婚しても仕事を今まで通り続けられますが、子供ができるとどうしても思うように仕事に打ち込めなくなります。

自分のキャリアを優先したい人は、それが理由で結婚願望がなくなっているのかもしれません。

自分がどういう人生を送りたいか定まっていない

自分のライフプランが定まっていないので、結婚した方がいいのか、しなくてもいいのか自分でもわからないパターンです。

なんとなく日々を過ごしているけど、自分が最終的にどういう生活を目指しているのかぼんやりしているため、自分が結婚したいのかどうかピンときません。

「結婚して子供を作って家族でワイワイ過ごしたい!」とか、「夫と2人でのんびり暮らしたい!」とか、

そういう生活を思い描いている人は自然と結婚願望を抱くと思いますが、特にそういうビジョンがないという人は、「自分は本当に結婚したいのだろうか?」と悩んでしまいます。

自由な生活に慣れすぎてしまった

これも今の時代とても多いと思います。

女性でもバリバリ働く人が増えたし、『自分で稼いで自分で使う!時間も自分のために好きなように使う!』という自由な生活をしていると、その生活が楽しすぎて「別に結婚しなくてもいいか」と思うのもうなずけます。

特に独身の友達が多くて頻繁に集まっていたりすると、結婚したらこんなに自由に遊べなくなるのか〜と考えてしまい、結婚したいという気持ちが薄れていきます。

やっぱり独身には独身の楽しさがありますからね♪

逆に今の生活に満足していない人の方が結婚願望を抱きやすいのではないでしょうか。

「本当に結婚したいのか?」自分の気持ちを知る方法

では、自分は本当はどうしたいのか?自分の気持ちを知るにはどうすればいいのでしょうか?
以下の項目をじっくり考えて自分と向き合ってみてください。

自分がどういう人生にしたいか考える

自分の人生をこの先どうしていきたいのか…真剣に考えたことはありますか?

毎日を生きるのが精一杯で先のことなんて考えてない!という人も多いのではないでしょうか。

10年後、自分がどういう生活をしてるのが理想なのか、リアルに想像してみましょう。

理想なので、「自分には無理だろうな」と思うことでも本当にそうなると思って妄想してみましょう!

例①
10年後は仕事で出世して収入もぐんと上がって優雅な生活をしている。
綺麗なマンションで一人暮らし、猫を飼っている。
休みの日は趣味を思いっきり楽しんだり、美味しいものを食べたり、旅行に行ったり、、
とにかく毎日充実して自由に楽しく過ごしている。

例②
10年後は結婚し子供もできて、毎日ワイワイ賑やかに生活をしている。
注文住宅の一軒家を建てて、広々したキッチンで料理を作るのが楽しい。
休みの日は家族とキャンプに行ったり、公園に行ってピクニックをしたり楽しく過ごしている。

例③
10年後は結婚して、夫婦2人で仲良く穏やかに生活している。
子供はいないが、その分お互い仕事や趣味を好きなようにして、1人の時間も楽しんでいる。
休みの日は、2人で買い物をしたり、美味しいものを食べたり、飲み歩いたりして楽しく過ごしている。

このように、独身バージョン、結婚子持ちバージョン、結婚子なしバージョン、それぞれ想像してみてどれが自分にとってしっくりくるのか、理想の生活なのか考えてみましょう。

コツは、とにかくリアルに想像してみることです!

婚活疲れを感じる場合は一旦お休みしてみる

婚活をすごく頑張っているのに全然いいと思う人に出会えなかったり、いいと思う人とはうまくいかなかったり…

婚活を長期間やっていると本気で疲れますよね。

「こんなに頑張っているのに結果が出ないなんて…わたし本当に結婚したいのかな?しなくてもいいんじゃないか?いや、でも周りはみんな結婚してるし…」とグルグル悩んでしまいます。

そういう状態で婚活していたら余計うまくいきません。

まさに負のループ。

そんな時は一旦婚活をお休みして、ゆっくりするのがオススメです。

お休み期間中は婚活のことは忘れて、自分の好きなことを思いっきりやってリフレッシュしましょう。

一旦気持ちをリセットしてから、『自分が本当はどうしたいのか』を前向きに考えてみるといいと思います。

それでやっぱり自分は結婚がしたい!と思ったら、また婚活を始めてみましょう。

休憩することで、気持ちが軽く前向きになっているのではないでしょうか。

そういう気持ちで婚活した方がうまくいきますよ♪

まだ婚活してない人は一回試しにやってみる

まだ婚活をしたことがない人は一度試しにやってみてもいいかもしれません。

これまでの生活の中で出会いがないと、結婚したいのかどうか考えようがないと思うんですよね。

リアリティがないというか。

一度婚活して色々な人と出会うことで、これまで無かった感情が出てくるかもしれません。

出会った人に対して「この人とずっと一緒にいたい」と思えば、自然と結婚願望が芽生えると思います。

やってみて、「やっぱり自分には結婚向いてないや」と思ったら、すぐやめればOKです。

それがわかっただけでもやった意味はあります。

なので、普段の生活で全く出会いがない!という方は自分の結婚願望を確かめる意味でも1度婚活をしてみてはいかがでしょうか。

結婚=幸せとは限らない!

自分が結婚したいのか、したくないのか考える時に、「結婚しないと幸せになれないのでは?」「世間体的に結婚した方が良いのでは?」と考えてしまうことがあるかもしれません。

でも今は生涯独身なんて珍しいことではないし、結婚しなくても幸せな人はたくさんいます。

逆に、結婚したけど幸せになれない人もたくさんいます。

結婚=幸せとは限りません。

結婚しないことを選んだ場合は、とことん自分の好きなことをやって楽しく生きていけばいいと思います!

まとめ

結婚適齢期と呼ばれる年齢になってくると、周りの友達が次々と結婚したり、親からの「結婚して!」というプレッシャーから、「早く結婚しなきゃ!」という気持ちになってきます。

でも「自分が本当に結婚したいのかよくわからない」と思いながら、なんとなく婚活をしている場合も多いと思います。

それだと結婚相手に求める条件もぼんやりしてしまって、婚活してもなかなかうまくいきません。

自分の人生を決めるのは自分です。

周りのことは気にせず、自分と向き合って、『結婚したいのか・したくないのか』を考えましょう!

タイトルとURLをコピーしました